スキンケアの間違いで肌荒れ

肌荒れを起こしやすい人の中には、お手入れの仕方が間違っている人が良くいます。

 

一番典型的な例は、お手入れの時に力を入れ過ぎてしまい、肌との摩擦を作ってしまう人です。

 

汚れを落とすために、ゴシゴシと洗顔をする人がいますが、あんまりにも力を入れ過ぎれてしまうと、シミや皺の原因だけではなく、肌トラブル全般に関係してきます。

お肌の手入れ、間違っていませんか?

出来るだけ肌は優しくお手入れするのが重要です。特に洗顔の時や、コットンや手でのパッティングの時に、間違ったお手入れをする人が多くいます。

洗顔時の間違い

洗顔の時に力を入れてしまうのは、やはり先顔料をしっかりと泡立てていないので、クッションとなる泡の存在が欠けていることが大きく原因していると思います。

 

そういう人は、洗顔ネットを購入することで、簡単に悩みを解消できると思います。

コットンや掌でのパッティング時の間違い

一番難しいのは、やはりコットンや掌でのパッティングですね。

 

自分では調子が良いと思ってお手入れしていても、他の人からみたら「そんなに強く叩いて大丈夫?!」と思わることもあります。

どうしても心配ならばBAさんに聞くこともおすすめです

スキンケアが正しいのか不安な人は、自分の良く使っているメーカーさんのカウンターなどで、BAさんに聞いてみると、良いアドバイスが貰えると思うのでおススメです。