妊娠中は肌荒れしやすい

妊娠中はホルモンのバランスが変化するため、肌荒れしやすくなります。

 

また、メラニン色素が増加しやすくなっているため、外出する際には紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

ビタミンを摂取する

肌荒れ対策のためには、ビタミンCとビタミンEを摂取することをおすすめします。

 

ビタミンCにはメラニン色素を抑制する作用がありますので、シミなどの肌トラブルを予防できます。

 

ビタミンCは、キャベツ、ブロッコリー、じゃがいも、いちご、みかん、レモンなどに豊富に含まれています。

 

そして、ビタミンEには、ホルモンの分泌をスムーズにする作用があります。

 

また、血行を促進することで、冷えの予防やシミなどの肌荒れを予防します。

 

ビタミンEは、レバー、アーモンド、落花生などに含まれています。

洗顔と保湿で肌を清潔に

胎児の成長と共に体重が増加することで、立ったり座ったりなどの日常の何気ない動作で、も汗をかきやすくなってしまいます。

 

汗をかくと、肌に汚れが付着しやすくなりますので、こまめな洗顔で肌を清潔に保ち、しっかり保湿することが大切です。

 

ただし、妊娠中の肌あれば、産後に解消できることが多いので、あまり神経質にならないようにしましょう。