花粉症で肌荒れにつながる?

花粉が飛ぶ時期になると、肌が荒れるという方もいるようです。これは花粉症の症状の一つであると考えられます。

 

肌に花粉が付くと、赤味を帯びたり、痒くなったりするなどの肌トラブルが起こることが多くなります。

 

また、免疫力が低下すると、花粉症の症状が酷くなると言われていますので、食事療法や運動をすることで免疫力アップをはかりましょう。

花粉症による肌荒れを解消するには?

花粉が肌に付くことで、肌荒れを起こすのであれば、花粉をしっかり落とさなければなりません。そのため、家に帰ったら、すぐに洗顔することをおすすめします。

 

花粉症で肌が荒れてしまった場合は、肌をしっかり保湿すると良いでしょう。

 

化粧水で肌を整えたら、肌から水分が逃げないように、クリームや乳液でしっかり保護するようにしてください。

 

それから、花粉症で肌荒れを起こしている場合は、メイクをした方が良いといわれています。

 

化粧をしないと肌に直接花粉が付いてしまいますが、メイクをすると化粧品が花粉から肌を保護することになるため、赤味やかゆみを抑えられるとのことです。

 

そして、外出時にはマスクやサングラスを着用し、出来るだけ肌に花粉が付かないようにすることが大切です。