産後の肌荒れの原因

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が多くなるため、肌の調子が良くなるという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、出産した途端に、ホルモンバランスが乱れてしまうため、肌が荒れやすくなります。

 

出産後には、ニキビや吹き出物が出来やすくなったり、肌にかゆみを帯びたりするケースが多いようです。

 

これらは、一時的にホルモンバランスが乱れることが原因となっていますので、特別なケアをしなくとも、時間と共に元の肌の状態に戻ります。

 

ただし、授乳期を終えても肌の状態が元に戻らない場合は、皮膚科医や産婦人科医を受診することをお勧めします。

産後の肌荒れを防ぐには

産後は赤ちゃんが中心の生活になるため、睡眠不足が続いたりなどして、肌荒れしやすくなります。そのため、食事で出来るだけ栄養を摂ることが大切です。

 

また、睡眠不足やストレスも肌荒れの原因となりますので、休息を十分に取るようにしてください。

 

それから、育児に関する悩みがあれば、周囲の方や産婦人科医に相談するようにして、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

 

最後に、産後は体重が増加するため、ダイエットを実践する方も多いようですが、無理なダイエットは肌荒れの原因となります。

 

肌荒れを予防するためには、産後に身体が十分回復してから、少しずつ体重を減らしていくことをお勧めします。