洗顔方法について

過度な洗顔は肌荒れの原因となるため、洗顔は朝晩の2回にとどめるようにしてください。

 

脂性肌の方は、朝晩とも洗顔料を使用して、しっかり洗い流す必要がありますが、普通肌や乾燥肌の方であれば、夜の洗顔で汚れを十分に落としさえすれば、朝はぬるま湯だけの洗顔で十分です。

 

特に、乾燥肌で肌荒れを起こしている方は、皮脂を多少残したほうが、肌のためには良いのです。

 

そして、洗顔の際には、洗顔料を手のひらで泡立て、軽く肌の上にのせて、優しくなでるようにして洗っていきましょう。

 

洗顔料をしっかり泡立てることで、肌に密着しやすくなるため、皮脂や汚れを十分に洗い流すことができます。

 

それから、最後に洗顔料をきれいに落とすことが大切です。

 

顔に洗顔料が残ってしまうことで、肌荒れの原因となることも多くなっています。

 

また、すすぎの際にも、肌を傷つけないように、優しく丁寧に行うようにしてください。

洗顔料選びは重要

肌荒れを予防するには、無添加で低刺激の洗顔料を使用することをおすすめします。

 

そして、脂性肌の方は、テカリや吹き出物が気になるからと言って、洗浄力の強い洗顔料を使用しないようにしてください。

 

洗浄力の強すぎる洗顔料を使用し続けると、肌の脂分が不足し、逆に皮脂が過剰になり、肌荒れを起こす原因となってしまいます。