夏の終わりの肌荒れの原因

夏になってくると、どうしても肌が荒れてきませんか?

 

特にスキンケアを変えたわけでもないのに、何か調子が悪いって感じることがあります。

 

実はそれは知らず知らずにうちに積み重ねてきた紫外線の影響かもしれません。

 

紫外線は肌にダメージを与えてしまい、新陳代謝を悪くします。

 

そのため、夏の終わりの肌って、なんか調子が悪く感じることがありませんか?

 

そういう時は、紫外線の悪いダメージが積もり積もっている時なので、肌の角栓が詰まりやすい時とか、そういう状況になっています。

 

そういう時には、いつもよりも、しっかりと保湿対策をするのがおススメです。

 

やはり肌は綺麗にしておきたいですが、乾燥をしてしまうと、肌はどうしても傷んでしまいます。

 

特に紫外線を浴びた肌は、乾燥がひどくなっているので、出来るだけ潤いを逃さないようにするのが重要です。

 

保湿ケアを今よりも重点的に行うように心がけましょう。

 

やはり綺麗な肌は、水分量が満ちているのが条件です。