肌荒れで目の下にクマができることもある

目の下のクマというと寝不足が原因というイメージがありますが、肌荒れが原因で目の下にクマができることもあります。

 

目の周りはデリケートで、皮脂の分泌量も少ないため、乾燥しやすくなっています。

 

そのため、目の周辺だけ肌荒れを起こすことも多くなっています。

 

例えば、目の周りが痒いと思っていたら、肌荒れが原因となっていることもありますので、注意してください。

目をこすらないようにする

目の周りが痒くなるとついこすってしまうという方がほとんどなのではないでしょうか。

 

ところが、目をこすることで、皮膚を刺激し、色素沈着を起こしやすくなります。

 

この色素沈着が長期間続くと、クマになってしまいます。

 

実は、年齢肌で目の下のクマに悩まされている方の多くは、肌荒れが原因となっているようです。

目の下のクマを防ぐには

特に、乾燥肌の方は、目の周りに化粧水や乳液をたっぷりつけてケアすることをおすすめします。さらに、アイクリームなどで目の周りを保湿することで、クマを予防することができます。

 

また、目が疲れたり、血行不良を起こすと、クマが目立ちやすくなります。

 

もし、目が疲れていると感じたら、蒸しタオルを目の上に当てて、眼を休めることをお勧めします。