肌荒れの赤みが気になる方へ

肌荒れが気になるなら皮膚科を受診する

肌荒れを起こすと、肌のバリア機能も低下しているため、ニキビなどもできやすくなってしまいます。

 

そして、肌も乾燥しがちになるため、痒みが酷くなり、我慢できずに掻いてしまうこともあるでしょう。

 

肌を掻いてしまうことが原因で、肌に傷がつき、色素沈着を起こしたり、赤ら顔の原因になることがあります。

 

肌荒れでかゆみがある場合、我慢することは難しいかもしれませんが、痒いからと言って、かきむしってはいけません。

 

もし、赤味が気になったり、痒みが酷い場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

抗生物質や肌荒れを改善するクリームなどを処方してもらえますので、クヨクヨ悩んでいずにさっさと治してしまいましょう。

 

スキンケア法を見直してみましょう

間違ったスキンケアも肌荒れや赤みの原因となります。

 

特に、肌が乾燥したり、肌が薄くなっている場合、赤みが強くなることが多くなります。

 

肌に赤みがあるということは、皮膚が薄くなり、毛細血管が透けていることを意味しますが、この状態で、通常のスキンケアを続けると、肌の状態が悪化する場合もあります。

 

肌にかゆみがある、赤味があると感じたのであれば、スキンケアが過剰である可能性もあります。

 

この場合、最低限のスキンケアにとどめて、肌が回復することを待ってみるのも良いでしょう。